デイサービスについて

デイサービスの収益を増やそう!必見!短期集中予防サービス

今回は、デイサービス収益を効率的に増やす手段を紹介いたします。

通所型サービスを実施している施設の管理者や医療・介護職員は必見です

友だち追加

LINEではデイサービス運営での情報共有全般(資料などのデータ類も含む)、事業所の実利に繋がるような情報共有や企業・サービスの紹介、セミナーや見学・職員様向けの勉強会などをでディスカウントさせていただく情報の配信も想定しております。
※どなたが加入しているかなどの参加者の情報は分からないようになっております!

貴施設に取り入れることが出来れば強力な収益増加に貢献することは間違いないと断言できますのでどうぞ、最後までご覧頂き、行動してみてください。

短期集中予防サービスとは

まず始めに、短期集中予防サービスとはなんですか?というとこからでお話します。

通所型サービスには、通所介護、通所型サービスA、通所型サービスB、通所型サービスCに分けられます。

通所型サービスとは、簡潔には、介護保険によるサービス利用者様が、自ら普段生活している場所とは違う場所を訪れて介護の様々なサービスを受ける形のことを総称した用語になります。

立ち位置としては、短期集中予防サービスというのは、通所型サービスの中の、通所型サービスCの部類に入ります。

一方で、デイサービスやデイケアの部類は管理者であれば知っているとおり、普段運営しているデイサービスやデイケア自体は通所介護に入りますね。

通所型サービスAとBもありますが、今回は置いておきます。

短期集中予防サービスの目的

通所型サービスCとは、市町村の保健師等が公民館等で生活機能を改善するための運動器の機能向上や栄養改善等のプログラムを3~6か月の短期間で行われるサービスです。

この市町村の保健師等の中には、施設の機能訓練士やケアマネ、看護師、地域の歯医者・歯科衛生士等も含まれます。

また、公民館等には、私の場合は自施設に通って頂くようにしています。

プログラムの期間ですが、3ヶ月を原則とされていますが、6ヶ月実施しても問題はありません。しかしながら、注意して頂きたい所は、なぜ、本サービスを継続する必要があるのかを明確に記録に残して置くことが大事です。

 事業内容としては、日常生活に支障のある生活行為を改善するために、利用者の個別性に応じて、プログラムを複合的に実施していきます。プログラムには以下のものがあります。

  • 栄養改善プログラム
  • 口腔機能の向上プログラム
  • 認知機能の低下予防・支援
  • 運動器の機能向上
  • 膝痛・腰痛対策
  • 閉じこもり予防・支援
  • うつ予防・支援
  • ADL/IADLの改善

短期集中予防サービス対象者は?

短期集中予防サービスの対象者としては、厚生労働省より、要支援認定を受けた者、基本チェックリスト該当者(事業対象者)の2パターンです。

具体的には、体力の改善に向けた支援が必要な方、健康管理の維持・改善が必要な方、閉じこもりに対する支援が必要な方、ADLやIADLの改善に向けた支援が必要な方に行います。

私の所の流れとしては役所の福祉課と地域・自施設のケアマネが対象者を選定し、施設に紹介して頂けるシステムを取り入れています。

支援・事業対象者については、関連の記事を貼っておきます。参考にして頂ければ幸いです。

力強い短期集中サービス

今回の記事では、短期集中予防サービスの立ち位置と目的・対象者について述べました。

管理者にとっては、具体的な数字が必要かと思いますが、なぜ、具体的な収益数値を出していないのかは地域によって単価が違うのが現状だからです。

単価は、高いところもあれば、他と比べて低いところもあります。

しかし、私が思うに、必要な人員を必要時間配置したとしても、利用者にとってはもちろん、施設としてもおいしいサービスであるのは間違いないです。

また、その時の収益のみならず、本サービスを取り入れることが出来れば地域の方々に施設を知ってもらえ、その方達が、本当に介護が必要になった場合、通所介護の契約に繋がる可能性が非常に高くなります。

これは、本当に強いです。

唯一難しいのは、どれだけ役所に必要とされ、役所が思う結果を施設が出せているかがこのサービスを取り入れることができる鍵となります。

ぜひ、管轄の役所にサービス内容を問い合わせ、実施内容のすりあわせをしていければ良いかと思います。

また、近くに同様のサービス実施している施設があれば見学から情報を入手する努力をしてみましょう。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

ぜひ、多くのコメントお待ちしております。

通所介護計画書・個別機能訓練計画書を一体的に作るってどうにすればいいの?前のページ

『コロナ不況』のはずなのに成果を出し続ける企業の動向をデイサービスに応用すると?次のページ

ピックアップ記事

  1. 【令和三年度介護報酬改定】栄養アセスメント加算の可能性は?取るべきか?
  2. 【令和3年度介護保険法改定】入浴介助加算Ⅱを要チェック!!リハビリの観点から
  3. 個別機能訓練加算と運動器機能向上加算は兼務で算定は可能か?!
  4. コロナ時代のデイサービス、見学や体験の受け入れは善か?悪か?
  5. 2021年度から個別機能訓練加算は統合される?!

関連記事

  1. デイサービスの管理者向け

    デイサービスがLIFE周辺加算を算定する1番の肝はこれだ!!

    今回の記事ではLIFEに関わる加算の肝になる部分についてお伝えしてい…

  2. デイサービスについて

    デイサービスで一番労力がかかる業務について

    今回は私の尺度になってしまうかもしれませんが、デイサービスで事業所の…

  3. デイサービスについて

    デイサービスの経営苦境で「介護崩壊」に拍車がかかる?!

    今回のコロナウイルスの蔓延からデイサービスがどのような状況に直面して…

  4. デイサービスの管理者向け

    LIFEからのフィードバックを活用するには?!

    やっとLIFEからのフィードバックがきましたね!少し情報の更新まで時…

介護現場で自分の適正にあった働き方を!

おすすめ記事

  1. デイサービスの機能訓練指導員

    デイサービスで専門職として頑張るか、総合職を目指すか?
  2. デイサービスについて

    介護現場の待遇・給料が増えるのか?!
  3. デイサービスの機能訓練指導員

    機能訓練指導員について正しく知ろう!仕事内容と必要な国家資格
  4. デイサービスのトレンド

    機能訓練士になるなら基礎知識として必要!ADL維持等加算について(バーセルインデ…
  5. デイサービスのトレンド

    【令和三年度介護報酬改定】科学的介護推進体制加算は取るべきか?その上での課題は?…
PAGE TOP