デイサービスの管理者向け

デイサービスがLIFE周辺加算を算定する1番の肝はこれだ!!

今回の記事ではLIFEに関わる加算の肝になる部分についてお伝えしていきます!

今回の改正から、今後のデイサービスの在り方が見えてきました。

自立支援・科学的介護とこの二つをメインに報酬も追いついてきています。



過去記事は詳しくはこちらから


友だち追加

LINEではデイサービス運営での情報共有全般(資料などのデータ類も含む)、事業所の実利に繋がるような情報共有や企業・サービスの紹介、セミナーや見学・職員様向けの勉強会などをでディスカウントさせていただく情報の配信も想定しております。
※どなたが加入しているかなどの参加者の情報は分からないようになっております!

LIFEに関する加算を算定する上で見落としがちな大事なポイントはここ!!

LIFEに関する加算が始まって色々言われてきました。

LIFEに直打ちするのか?請求ソフトから出力するのか?

などなど色々話としてはありましたが、1番の問題が見えてきました。

私の主観ですよ?

後から代替えが出来たり、補填が出来る作業・複製できる作業は問題視していません。

後から手に負えなくなる作業です。

一体なんでしょうか?!

結論から申し上げます。

評価周期です!!

3カ月に1度の居宅訪問や、半年に一度の科学的介護の基本項目の入力(利用者ごと)、半年に一度のBIの評価(評価月単位)と評価項目や周期が増えます。

これは後から手に負えずに、事業所にのし掛かってくる部分ですね・・・

LIFEへの入力は一度入力してしまえば複製が出来ます。

なので、極論一度は手入力しても毎月の負担になるわけではありません。

一つの記事で伝えることが多くなってもブレてしまいますので、今回は評価周期!

これをどうにおいかけるか?

考えてみてください。

ちなみにもう少し細かく紹介している動画を公開しましたので、よろしければこちらをご覧いただき、チャンネル登録をお願いします!!


LIFEからのフィードバックを活用するには?!前のページ

デイサービスの稼働率について重要な要素を理解していますか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 2020年夏からデイサービスのコンサルティングを開始しますのでどんなものか?!着…
  2. 利用者からみたデイサービスのタイプ別の特色
  3. 介護現場・デイサービスの資格手当について10年間感じてきた疑問をぶちまけます!
  4. デイサービスへの救済措置 | 令和2年6月から増収?!
  5. 【令和三年度介護報酬改定】入浴介助加算Ⅱの難しさとオススメの算定開始時期について…

関連記事

  1. デイサービスのトレンド

    【令和三年度介護報酬改定】科学的介護推進体制加算は取るべきか?その上での課題は?!

    はい、巷で話題の科学的介護推進体制加算は算定するべきか?!ざっくりと…

  2. デイサービスについて

    介護業界やデイサービス業界にはコンサルティングが増える?!

    コンサルティングのサービスがこれから介護やデイサービス業界には増えて…

  3. デイサービスについて

    デイサービスの稼働率について重要な要素を理解していますか?

    この記事ではデイサービスの未来がわかる、現在の数字についてお伝えして…

  4. デイサービスの機能訓練指導員

    個別機能訓練加算と運動器機能向上加算は兼務で算定は可能か?!

    今回の記事では反響が多かった運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の人…

  5. デイサービスの機能訓練指導員

    新卒入社の柔道整復師に機能訓練指導員として何を教えるの?

    今回はちょうど入社してちょうど1カ月プラスゴールデンウィーク明けの柔…

  6. デイサービスの機能訓練指導員

    デイサービスで専門職として頑張るか、総合職を目指すか?

    私は元々接骨院に2年間勤め、令和2年の今から9年前にデイサービスの機…

介護現場で自分の適正にあった働き方を!

おすすめ記事

  1. デイサービスの管理者向け

    介護現場の人手不足に嘆く前に見直した方がいい2つのポイント
  2. デイサービスの機能訓練指導員

    生活機能向上連携加算を取ってみて、今後の考察をお伝えします
  3. デイサービスの機能訓練指導員

    接骨院・デイサービスと働いた経験がある柔道整復師の私がそれぞれの違いを読み解きま…
  4. デイサービスについて

    2020年夏からデイサービスのコンサルティングを開始しますのでどんなものか?!着…
  5. デイサービスについて

    2021年度の介護報酬改定!通所介護・デイサービスの準備について考える【総論】
PAGE TOP