デイサービスの機能訓練指導員

生活機能向上連携加算を取ってみて、今後の考察をお伝えします

今回の記事では2021年度の介護保険法改正でも注目されている生活機能向上連携加算について考察していきます。

加算の概要などは検索してヒットする記事から見ていただければと思います。

その上で私のデイサービスでは全体の数%にあたるこの加算を算定しているデイサービスになりますので、実際に算定している事業所としての気づきをお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事は

友だち追加

LINEではデイサービス運営での情報共有全般(資料などのデータ類も含む)、事業所の実利に繋がるような情報共有や企業・サービスの紹介、セミナーや見学・職員様向けの勉強会などをでディスカウントさせていただく情報の配信も想定しております。
※どなたが加入しているかなどの参加者の情報は分からないようになっております!



  • これから生活機能向上連携加算の算定を検討している事業所
  • 訪問を検討している療法士の方

に参考にしていただければと思います。

生活機能向上連携加算って都市伝説級?!

この加算、社会保障審議会の資料からも分かるように非常に算定のハードルが高く国としては重度化防止・自立支援を推進するためにデイサービスに機能訓練指導員を配置できなくても、機能訓練指導員自体が機能訓練の知見が浅くてもデイサービスのサービス自体に重度化防止・自立支援のエッセンスを盛り込んでもらいたいという意向になります。

社会保障審議会の資料

私たちはグループの医療法人から訪問をしてもらい、利用者の登録数も多いことからまずはスタートラインに立っています。

そもそも算定していない事業所の中でも理由の上位を占める【単価が合わない】という部分については現行の区分ではスケールメリットが伴う他ありません。

当たり前のことですが規模によって算定効率が変わります。

ここを基本報酬のように事業所の規模や利用者の人数によって単価を変えたとしても、この加算自体が直接的に利用者に分かりにくいことから、規模によって点数を変えることはないでしょう。

つまりこの加算はある程度のスケールがある事業所の方が算定効率が良いという点は盲点かもしれません。

そういった観点から算盤が合い、算定を試みて最初に行き詰まったのはこの加算を必要とする利用者がいないです。

確かに分かりにくい加算で、大半のケアマネージャーはこの必要性を理解していない印象でした。

サービス提供体制加算のように体制加算のレベルにしてもらえれば違ったんじゃないかな〜と感じています。

実際にこの記事を閲覧しているこれからこの加算を算定しようと思っている方は本人やご家族・ケアマネージャーになんて説明しますか?

まずはこの辺りが最初のハードルになりがちです。

ここまでで生活機能向上連携加算についてお伝えしたいのは、



  • グループに医療法人を抱えるデイサービス
  • ある程度の登録者数を抱えるデイサービス

の方が圧倒的に有利だという点です。

また、既存の機能訓練指導員の職種と訪問する療法士の職種が被る場合は尚更算定する価値を説明しにくいいんしょうですね・・・

スタートラインの次に障壁になる点

計画や評価やそもそも個別機能訓練の居宅訪問も含めてもろもろ前倒しで問題なく回せている事業所の方が圧倒的に少ないという(主観です)中で、プラスαで外部の療法士さんにアセスメントしてもらうサイクルを取り入れることって現場的にはメチャクチャ大変です。

参考記事はこちらから

3カ月に一度評価をして、計画書を作り直すタイミングで療法士さんのアセスメントも内容に昇華させる→つまりこのサイクルに間に合うように外部の療法士の訪問のスケジューリングをしなければなりません。

また、訪問の際にチェックしてもらう方の用紙や指標のピックアップもして準備をしていただくプラスαの労力を見込む必要があります。

2021年度の改正ではこのあたりの効率化のためにICTの導入が検討されるとのことですが、どのようになるのでしょうか?

また、ICT化するということは算定効率が上がる反面、当初からの問題である利用者にとっての価値の面がより軽薄になるのでは?
結果的に算定に繋がらないということまで想定できます。

そもそもの考え方が一律で算定可能な体制加算的な位置付けになることを一番に期待しています。

生活機能向上連携加算のスムーズな導入の要点

この加算の導入ついて、特に人の選定や依頼部分ではおそらくスムーズになるはずです。

必ずしも医療機関という組織を通さなくても、これからの時代はフリーランスの療法士、副業可能な療法士なども増えてくる可能性があります。

こういった個人に対しての募集が可能になれば地域の医療に携わっている個人と繋がりがもてることになります。

そういった面でも報酬点数に限らず、プラスになる部分が大きいことと、療法士としてもデイサービスなどの加算取得が可能な事業所に対して仕事を受けることができる可能性が上がります。

地域地域でそういったメディアがあったらいいな〜なんて考えています。

ちなみに私の事業所では一度の訪問で書類のチェックとプラスαをお願いしていますが、7時間の拘束で1万8千円支払っています。

在宅の流れにも接することができますし、月に一度ぐらいなら良いアルバイトになりますかね^^

今回はこのぐらいにさせていただき、また新しい枠組みが出たら記事にしていきます。

2021年度から個別機能訓練加算は統合される?!前のページ

【2020年末】今後の機能訓練指導員の給料は上がるのか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 【2021年介護報酬改定】デイサービスの介護予防・日常生活支援総合事業の報酬案に…
  2. 通所介護計画書・個別機能訓練計画書を一体的に作るってどうにすればいいの?
  3. デイサービスが集客のために【まず】すること!
  4. 2021年度から個別機能訓練加算は統合される?!
  5. 【令和三年度介護報酬改定】デイサービスにおける機能訓練指導員が知るべき仕事内容(…

関連記事

  1. デイサービスの機能訓練指導員

    個別機能訓練計画書を作成する上で抑えた方が良いポイント

    私の事業所では個別機能訓練計画書を作成し、生活機能向上連携加算まで算…

  2. デイサービスの機能訓練指導員

    必見!機能訓練指導員としてデイサービスで働く理学療法士にインタビューしてみた

    今回はなんと、病院勤務からデイサービスに転職された理学療法士さんにイ…

  3. デイサービスについて

    LIFEより大変なのは居宅訪問です | 生活機能チェックシート

    大変な業務の見極めだと改めて感じました。今回のLIFE関連加…

  4. デイサービスの機能訓練指導員

    柔道整復師が機能訓練指導員として働くとどんな加算が算定できるの?!

    今回は、デイサービスで柔道整復師が機能訓練指導員として働く際にどんな…

  5. デイサービスの機能訓練指導員

    2021年度から個別機能訓練加算は統合される?!

    今回の記事では個別機能訓練加算が2021年度の介護保険法の改正からどの…

  6. デイサービスの機能訓練指導員

    機能訓練指導員からケアマネージャーに合格した柔道整復師の体験談

    今回は女性の柔道整復師に向けて、新卒でデイサービスに入職した柔道整復…

介護現場で自分の適正にあった働き方を!

おすすめ記事

  1. デイサービスについて

    デイサービスの機能訓練指導員って待遇面はどうなのか?| 柔道整復師が接骨院と比較…
  2. デイサービスのトレンド

    介護に朗報!介護ロボットを徹底調査(前半)
  3. デイサービスについて

    LIFEより大変なのは居宅訪問です | 生活機能チェックシート
  4. デイサービスについて

    介護現場の待遇・給料が増えるのか?!
  5. デイサービスについて

    介護業界やデイサービス業界にはコンサルティングが増える?!
PAGE TOP