デイサービスのトレンド

利用者からみたデイサービスのタイプ別の特色

今回はデイサービスのタイプやカテゴリーを利用者からの目線で解説していきたいと思います。

今回の記事は結構大切です。

というのは、自分たちでこれが特色・ウリだと思ってサービスを開始しても、それを評価するのは利用者・家族・ケアマネージャー だったりします。

そして地域性や組織の基盤によっても同じサービスを実施しても反響は違うはずです。

ですので、今回の記事では事業者側でなく、利用者を主語にしたお話をしていきたいと思います。

友だち追加

LINEではデイサービス運営での情報共有全般(資料などのデータ類も含む)、事業所の実利に繋がるような情報共有や企業・サービスの紹介、セミナーや見学・職員様向けの勉強会などをでディスカウントさせていただく情報の配信も想定しております。
※どなたが加入しているかなどの参加者の情報は分からないようになっております!

事業対象者から要支援・要介護の方ってどんな人たち?

深くは触れませんが、事業対象者→要支援→要介護5と介護度が上がるにつれて介護サービスの必要性が上がります。

また、介護度が決まるのはいかに介助を必要とするによっても決まります。

介護度が上がり、他者の援助・介助を必要とする主な原因は

  • 身体的な要因
  • 認知機能の低下に伴う要因

主にこれらに分けられます。

タイプを分けたところで考えたいのは、あなたのデイサービスが提供しているサービスはどのタイプの方向けのサービスか?

自立度が高めな事業対象者の方向けにアクティブなプログラムを提供している消す。
身体的・医療依存度も高く看護職員の配置を手厚くし、中重度加算も算定しつつ個別機能訓練加算を算定しているケース。
認知症ケアに力を入れいてる、認知症介護実践者を配置しているケース。

などなどありますが、お伝えしたいのは利用者のタイプによって、求めるサービスが異なることです。

年代によるタイプ

皆さんも一度はお聞きしたことがあると思いますが、2025年には団塊世代の方が後期高齢者になります。

つまり、今から10年後には団塊世代の方がデイサービスのメインユーザーになり得るということです。

育ってきた時代によって求めるサービスも変わってくるはずです。

ではどんなことが団塊の世代から求められるのか?

はっきり言ってその答えはありませんし、その答えは時代とともに変わります。

答えになっていませんね・・・笑

しかし、年代や育ってきた時代背景によっても求められるサービスが異なりますので、こういった世代の方のユーザー体験を想定してサービス構築をしていくことが大切になります。

個別機能訓練加算や機能訓練って?!

本来は上記の自立度が高めの方が求める機能訓練や個別機能訓練計画と、医療依存度が高めの方が求める機能訓練って本質的には異なります。

もっというと、一つの空間=デイサービスで要支援1の方〜要介護5の方まで受け入れるとケアが偏ってしまいます。

ケアマネージャーからの依頼を断らないことは大切ですが、なんでもかんでも対応することは中長期的には自らの首を閉めることになります。

ですので、今回の記事では自分たちのサービス!でなく、利用者さんの介護や年代ごとに異なるニーズに沿うサービス構築を考えるきっかけにしていただければと思います。

自分たちがどんな機能訓練が出来るか・個別機能訓練では何をやるか?
について考える前に利用者様・地域での競合やサービスの必要性、その上で自分たちが持っている能力の範囲で期待に沿えるか?

時代背景ともズレていないか?

こういった思考の手順が失敗の確率を下げます。

また利用者のニーズや地域でのサービスの必要度を仮定せず、自分たちが良いと思って展開したサービスだと後に振り返りがしにくい=学びが少ない状態になります。

ですので、顧客→競合や地域性→自社の手順で考えることをオススメします。

まとめ

今回は利用者のニーズや状態ごとにカテゴリ分けし、その方々が求めるサービスとして提供する重要性についてお伝えさせていただきました。

これからデイサービスの開業を考えている方は是非参考にしてください。

また、もうデイサービスとして稼働している方は自分たちが利用者やケアマネージャーからどのように見られているか?

そこをヒアリングやアンケートをするのもよいきっかけだと思います。

介護保険事業は3年に一度変わります。

そして利用者も世代が年々変わります。

ですので、近かったから、友達がいたからという理由で選ばれているとしたら危険です。

3年に一度はデイサービスのあり方自体を見直す。

見直せないデイサービスは淘汰される。

そんな時代に突入することになるでしょう。

デイサービスへの救済措置 | 令和2年6月から増収?!前のページ

年収の30%を支払う?! 医療・介護現場の紹介会社は有効なのか?次のページ

ピックアップ記事

  1. デイサービスで専門職として頑張るか、総合職を目指すか?
  2. 【2020年末】今後の機能訓練指導員の給料は上がるのか?
  3. 通所介護計画書・効率良く一体的な様式にするには?!
  4. 【令和3年度介護保険法改定】入浴介助加算Ⅱを要チェック!!リハビリの観点から
  5. 個別機能訓練計画書を作成する上で抑えた方が良いポイント

関連記事

  1. デイサービスのトレンド

    コロナ時代のデイサービス、見学や体験の受け入れは善か?悪か?

    2020年7月現在、私の地域でもコロナウイルス蔓延の第二波が訪れよう…

  2. デイサービスのトレンド

    【令和三年度介護報酬改定】科学的介護推進体制加算は取るべきか?その上での課題は?!

    はい、巷で話題の科学的介護推進体制加算は算定するべきか?!ざっくりと…

  3. デイサービスについて

    通所介護計画書・個別機能訓練計画書を一体的に作るってどうにすればいいの?

    令和三年度介護保険法改定の中で、計画書の作成が必要な加算について、通…

介護現場で自分の適正にあった働き方を!

おすすめ記事

  1. デイサービスの機能訓練指導員

    過去問ってどれぐらい出るの?介護福祉士の国家試験を受けて感じた効率の良い勉強方法…
  2. デイサービスについて

    介護福祉士の8万円の昇給は本当?!誤ってはいけない介護職員等特定職員処遇改善加算…
  3. デイサービスの機能訓練指導員

    【2021年】介護福祉士国家試験を受けるのにかかった費用や勉強方法は?!
  4. デイサービスについて

    デイサービスへの救済措置 | 令和2年6月から増収?!
  5. デイサービスの管理者向け

    自分一人で仕事をこなすのには限界がある!介護現場では部下にいつから一人で仕事を任…
PAGE TOP