デイサービスについて

【令和三年度介護報酬改定】入浴介助加算Ⅱの算定を試みているデイサービスの声(200名以上・・・)

はい、タイトルにあるように私のデイサービスでは令和三年度4月から入浴介助加算Ⅱを算定します。

そもそも入浴って大半のデイサービスではしていますよね?

今回の改定では、この入浴介助加算に変更が加わりましたね。

今回は触れませんが、これまでと同じようにデイサービスに来所された際に入浴をして差し上げる。→4月以降は50単位/日だった入浴介助加算→40単位/日に減算となります!

恐ろしいことしてくれますね・・・

それでは一体入浴介助加算Ⅱとはどんな加算なのでしょうか?

私のデイサービスで手掛けている準備と課題について現場から生の声をお伝えしていきます。

友だち追加

LINEではデイサービス運営での情報共有全般(資料などのデータ類も含む)、事業所の実利に繋がるような情報共有や企業・サービスの紹介、セミナーや見学・職員様向けの勉強会などをでディスカウントさせていただく情報の配信も想定しております。
※どなたが加入しているかなどの参加者の情報は分からないようになっております!

入浴介助加算Ⅱとは

もう目的や算定要件はネットで検索すれば様々出てくるので各々検索をお願いします!

ざっくりとこの記事でもお伝えすると、

  • 従来の入浴介助加算=お風呂に入れて差し上げる
  • 新しい入浴介助加算Ⅱ=自宅で自立して入浴できることを目指す

まず方向性が異なります。

そのためにリハビリテーション専門職(医師・理学療法士・作業療法士)らが利用者宅を訪ねて、浴室の環境を確認し、それを踏まえた“個別入浴計画”を多職種で作成し、計画に基づき個別の入浴介助を行うことが必要となります。

そうすることでデイサービスで質の高い入浴介助が実施されることで算定が可能な加算になります。

難しいのは、利用者さん側の意向や身体状況的に難しくても算定できるのか?

という点についても、基本的には上記のプロセスをしっかりと踏むことで算定は全利用者さんからできる加算のようです。

デイサービスの入浴環境が個別浴槽・利用者さんのご自宅に近い入浴環境にて、入浴を行うことと記されています。
ここは大浴槽メインだと全利用者さんからの算定は難しそうですね・・・

ちなみに私のデイサービスでは全浴槽が個別浴槽のため、算定する環境は整っております。

大浴槽メインのデイサービスは50単位→40単位とほぼ減算ですね。

元々50単位であっても安かった入浴介助加算がより安くなるとは想像していませんでした・・・(人手を割いているのに銭湯より安いっていう笑)

今回の入浴介助加算Ⅱが創設されて、やはり国がデイサービスに求めている役割が変わってきていることを感じています。

中重度の方であっても、認知症の方であっても、レスパイト=お預かりだけしているデイサービスを無くしはしないが、明確に評価を分けていくことがメッセージとして受け取れますね。

令和三年度4月から入浴介助加算Ⅱを算定するには?!

ここからが本題です!

おそらく、検索しても未だ少ないことかと思います。

  1. 3月中に居宅訪問をし、入浴アセスメントを取得する
  2. 個別入浴計画を作成し、4月の初回利用日までに同意を得る
  3. 1.2はケアマネージャーと利用者に事前に依頼した上でになります。

これが恐ろしく大変で、ケアマネージャー・利用者から理解が得られないこと・・・

また、入浴のアセスメントや個別入浴計画についての情報が全くないですね!

居宅訪問時の入浴状況チェックシートを一部抜粋
個別入浴計画を一部抜粋

入浴についての居宅訪問は、個別機能訓練加算取得に合わせて居宅訪問をすれば良いと想定しています。

個別入浴計画は介護計画の中に盛り込むことで、作業効率を上げつつ、内容はざっくりと課題、目標、実施内容と作成しておくことで当初は十分と考えています。

実際に情報が出揃い次第、様式も見直していく予定です。

入浴についてはLIFEに関わりませんので、必須項目や、コードの入力のような指定もあとから出てくるわけではありませんので。

大変なこと

  • コロナ禍という情勢の中で利用者さんの自宅に訪問させていただくこと
  • 自宅の中でも嫌がられるお風呂を見せていただき、なんなら写真を撮らせていただくこと。
    (これ自分でも嫌じゃありませんか?笑)
  • 一つのデイサービスの中で入浴介助加算ⅠとⅡの方が混在すること。
  • ↑混在するのを防ぐためになんとか全員からⅡを算定させていただこうとすると生じるケアマネージャーとの摩擦

というところでしょうか・・・笑

リアルタイムでやりとりしているケースは、
ケアハウスに入居されている方で、コロナ禍において外部からの入室を禁止しているケース。

ケアマネージャーもこのケアハウスの隣接している居宅に配置されている方が担当です。

この場合は算定できませんよね〜という話になりますが、

私たちの場合は、このケアマネージャーに協力をいただき、利用者さんの居室の浴室状況を確認していただき、その上でアセスメントをし、個別入浴計画を立てます。

みんながみんな協力してくれる方でないから難しいですよね^^;

これから入浴介助加算Ⅱの算定を検討されているデイサービスの方へ

今回の記事を見ていただいておわかりのように、4月から一斉に算定しようというのはかなり厳しいです。

というのも【体制加算】であれば問題なく算定ができますが、計画が必要な加算は日常業務の他に、加算算定のために前倒しで準備が必要になるからです。

しかし、改定に合わせて一斉に算定を進めた方が流れに乗ることはできます。

はい、加算を取得するにあたって説明もさることながら提案するタイミングがとっても大切です。

このアセスメントや計画が前倒しで必要になる加算は無理に一斉に算定する必要はないと改めて感じています。(収益的な話はおいておきます)

具体的なタイミングは介護保険の更新や担当者会議の問い合わせが入ったタイミングが良いでしょうか。

今回の記事では入浴介助加算Ⅱについて触れさせていただきました。

毎日の加算で、対象となる利用者さんも多いことからなるべくこの上位加算を算定したいと考えるデイサービスは多いことかと思います。

算定していく上でネックになること、提案するタイミングと、みなさんはどのように考えますか?!

【令和三年度】新設する個別機能訓練加算Ⅱはどのように取得するのか?前のページ

【令和三年度介護報酬改定】栄養アセスメント加算の可能性は?取るべきか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 【2021年介護報酬改定】デイサービスの介護予防・日常生活支援総合事業の報酬案に…
  2. 『コロナ不況』のはずなのに成果を出し続ける企業の動向をデイサービスに応用すると?…
  3. 個別機能訓練計画書を作成する上で抑えた方が良いポイント
  4. デイサービスのLIFE加算はどうに取るの?5月末現在の状況はまだまだか・・・
  5. LIFEヘルプデスクの注意点!!令和3年10月時点

関連記事

  1. デイサービスについて

    デイサービスの店舗展開は展開の仕方を考えないとリスクしかない。

    今回の記事ではデイサービスの店舗展開を考えている方、これからデイサー…

  2. デイサービスのトレンド

    求職者を想定すると効果は倍増?!介護職員の求人について

    今回は介護業界全体の問題にもなっている人材不足について触れ、求人を出…

  3. デイサービスについて

    通所介護計画書・効率良く一体的な様式にするには?!

    デイサービスの業務の中で一番大変な事務作業ってなんでしょうか?私個人…

  4. デイサービスの機能訓練指導員

    【令和三年度】新設する個別機能訓練加算Ⅱはどのように取得するのか?

    今回は新設する個別機能訓練加算Ⅱについて触れていきます。この記事を執…

  5. デイサービスのトレンド

    人気があるだけではダメ?!デイサービスが倒産しないために今から出来る準備

    前回、デイサービスの経営難について触れさせていただき、デイサービスの…

  6. デイサービスについて

    難しい!算定できない!見えてきた入浴介助加算IIの実態と算定への道筋

    難しいですね、今年度の介護報酬改定で通所介護のメインテーマでもある入…

介護現場で自分の適正にあった働き方を!

おすすめ記事

  1. デイサービスについて

    デイサービスの機能訓練指導員って待遇面はどうなのか?| 柔道整復師が接骨院と比較…
  2. デイサービスの機能訓練指導員

    機能訓練指導員からケアマネージャーに合格した柔道整復師の体験談
  3. デイサービスについて

    意外と知られていないデイサービスとデイケアの違い!
  4. デイサービスについて

    介護現場(デイサービス)の転倒・事故対応について
  5. デイサービスについて

    2021年度の介護報酬改定!通所介護・デイサービスの準備について考える【総論】
PAGE TOP